需要の高いマンション経営をすることが成功への近道

女性オペレーター

不動産経営とマンション

集合住宅

経営における注意点

不動産の運用には様々な方法があるが、その1つとしてあるのがマンション経営である。マンション経営では、マンション一棟を購入し賃貸として貸し出し運用する方法や、マンションの1部屋のみを購入して貸し出すなど様々な運用方法がある。マンション経営を賃貸で行う場合、注意しなければならないこととして、空室対策がある。空室が発生してしまうと、その部屋から家賃収入を得られなくなり、運用できなくなってしまう。その為、空室が発生しないように素早い対応が必要になる。空室が埋まらない場合には、リフォームを行い物件の魅力を上げることや、セキュリティ設備を強化して魅力を上げるなどがある。また、家賃の見直しなども行いながら空室を埋める対策が必要になる。

マンションの特徴

賃貸でのマンション経営においては、アパート経営などと異なり特徴がある。まずは、マンションでは規模が大きいということがある。アパートと比べた場合、マンションでは一般的に部屋数が多く規模が大きい。その為、全ての部屋が埋まっている場合には、得られる収入が多くなるという特徴がある。しかし、その分購入費用なども大きくなるため、全ての部屋を空きなく埋めながら運用していくことが重要となる。また、規模が大きいため、入居者の管理や設備の管理にも労力がかかるという特徴がある。最近では、マンションの一括借り上げなどを活用しながら経営するケースが増えており、これらを活用することで空室のリスクを回避しながら管理面の負荷軽減もできる。