需要の高いマンション経営をすることが成功への近道

女性オペレーター

成功のポイントは入居率

コイン

入居者のターゲットを絞る

マンション経営を成功させるために最も大事なことは、常に入居者を確保できることです。最近は少子化が進んでおり、入居者を確実に確保するためには積極的に工夫をすることが必要です。そのためには入居者のターゲットを絞ることが大事です。入居者には人暮らしの人もいれば家族もいます。学生や単身赴任のサラリーマンなど様々です。漠然と入居者を募るよりも、ターゲットを絞ったマンション経営の方が入居者を集めやすいのです。例えば近くに大学があれば、学生にターゲットを絞るのです。学生は若者ですから建物デザインや室内の設備にこだわりがあります。それらを若者向けにすることで入居者を確保できるのです。このようにターゲットを絞ると、それに適した間取りの工夫やデザインの工夫をすることができます。

管理業務を外部に委託する

マンション経営の特徴はリスクが小さいことと管理業務です。リスクが小さいのは多数の部屋を所有するマンション経営に限りますが、一部屋や二部屋が空室でも他の家賃収入で補填できるという特徴があります。また部屋数が多くなると管理業務が重要になります。大規模なマンション経営の場合は、管理会社に依頼することで効率よく管理ができるようになります。エントランスの掃除や家賃の滞納などにも対応してくれます。実績のある管理会社を選べば、マンション経営もスムーズに行うことができます。またコンサルタント会社の中には管理業務からマンション建設資金の融資までサポートしてくれるところがありますので、そのような会社とパートナーを組むことも大事です。